ドローンが活躍する壁面調査、屋根調査の内容やメリットを紹介

ドローンが活躍する壁面調査、屋根調査の内容やメリットを紹介

ドローンは私たちが住む家や、働くビル、工場の屋根や壁面の劣化、破損状況を把握する壁面調査、屋根調査に活躍しています。

このページでは建築に関するドローンの壁面調査、屋根調査について紹介します。

ドローンを活用した屋根調査

ドローンを活用した屋根調査

ドローン屋根調査とはドローンを使い個人宅、工場などの屋根をドローンを使い上空から屋根の劣化、破損などの状態を確認します。
屋根は常に雨や風にさらされているため少しずつ劣化してしまい劣化を放置すると雨水が内部に侵入し結果的に雨漏りを起こしてしまったり建物内部を少しずつ痛めてしまったり美観を損ねてしまうことがあります。

ドローンを使った屋根の調査であれば依頼者と一緒に屋根のクラックや破損状態をドローンが撮影した映像を地上にながらリアルタイムで確認することができ、3階や4階建ての建物であっても足場を組む必要がないので、コストを大幅に抑える事ができる上に屋根から落下し怪我をする事もなくなるのがドローン屋根調査の大きな特徴です。
調査を行う業者によってはドローンが空撮を行ない撮影した画像を建築士が確認し状態を確認する企業もあります。

屋根の修理業者は少しずつドローンを導入し作業効率のアップやコスト削減に力を入れています。

ドローン屋根を行うメリット

  • 足場を組む必要がない為、コストの削減
  • 屋根に登らずひび割れ(クラック)、劣化状態の確認が可能
  • 高所でも状態の確認が安全な作業
  • 勾配が急な屋根でも調査が可能

ドローンを活用した屋根調査を行う企業

エムプランニング

高解像度のカメラが搭載されたドローンを用いて屋根調査を行う企業。調査実績もサイト内で確認できるようになっています。
国土交通省の認可があり、屋根の調査後に現場調査報告書も渡してもらえるので安心。

エムプランニング

株式会社 南勝

ドローン屋根調査を行う株式会社南勝。関東、東海、関西エリアを調査員がドローン調査を実施(一部地域を除く)。
土・日・祝も営業し調査を行なった際の金額も記載してあるのでドローン屋根調査を検討されている方には優しい会社です。

株式会社 南勝

ドローンを活用した壁面・外壁調査

ドローンを活用した壁面・外壁調査

ドローン壁面調査とは一般的な写真撮影機能や赤外線撮影機能を搭載したドローンがビルや個人宅の壁面を撮影し、ひび割れなどの劣化に問題がないか調査します。

これまでの壁面調査では足場を組み壁面を調査するのが一般的でしたが足場の都合上、少しずつしか調査を進める事ができませんでした。
そのため調査を行うのに時間がかかることは避けることができませんでした。
ドローンを活用した壁面調査が登場してからは足場を組む必要がないために中小規模のビルであっても数十分で一面を撮影することができるようになりました。

スマートフォンに限らずデジタル機器のカメラの性能は向上し、ドローンに搭載しているカメラの性能は大幅に向上し4Kカメラを搭載しているドローンもあります。
4K撮影可能なカメラなどで撮影している場合はミリ単位の細かなひび割れも見逃すことはありません。
壁面調査を行うことができるドローンにはサーモグラフィーカメラを搭載しているドローンもあり温度の変化を元に塗装が浮いた箇所、雨漏りの侵入元となる箇所の特定もスムーズに行うことができることが大きな特徴です。

ドローンの屋根調査と同様に調査の効率化、そして大幅なコスト削減を行う事ができます。

ドローン外壁調査を行うメリット

  • 足場を設置する事がない為、調査の効率化コスト削減
  • 赤外線カメラを効率よく使用
  • 作業者は地上から調査を行うため、事故の心配がない
  • 様々な角度から高解像度の画像を撮影

ドローンを活用した壁面・外壁調査を行う企業

Takaoプランニング株式会社

ドローンに搭載した赤外線カメラを活用しモルタルや外壁タイルなどの外壁調査を行う企業。
外壁調査だけでなく建物の劣化調査を行うサービスも行なっています。

Takaoプランニング株式会社

株式会社 八進

工場の屋根や外壁調査、建物や施設のドローン外観検査を行う企業。
調査時に依頼者が立ち会うことができ、ドローンの映像をリアルタイムで見ることができるモニターを貸し出すサービスも行なっています。

株式会社 八進